IKEAへお買い物!大塚商店おしゃれ大作戦

posted in: Everyday | 0

大塚商店のフロアタイルの方向性も決まり、次は商品を置く棚やテーブルなど考える必要があります。

 

お店の方向性は、高級志向のナチュラル・オーガニック。
木目調を基調とした温かみのある雰囲気にするために、岩田慎太郎オーナーと共に、池袋から船橋のIKEAまでドライブ。

 

船橋IKEA

副店長の私は、IKEAへ踏み入れるのははじめてで、とても楽しみなのです。

 

一日居ても飽きないIKEA

IKEAのフードコート

IKEAは、どちらかと言うとお店向きの家具ではなく、生活を彩るアイテムが多くある。
自分の目指すコンセプトの部屋を作るために、モデルルームを見ながら買い物が楽しめるのが素敵。

 

部屋が丸々施設の中にすっぽりと入るわけだから、だだっ広い敷地が必要になる。そのため、ランチを楽しめるエリアやキッズコーナーもあり、安心してお買い物に集中できるのだ。

 

まるで小宇宙を巡る旅

欲しいものが決まっているのであれば、通販で済ませられるわけですが、IKEAの醍醐味は実際に足を運んでお店を楽しむこと。本当にこんなに楽しいものかとちょっぴり驚きで、冒険をしているかのよう。部屋のコンセプトも違ってくると世界も変わるため、まるで小宇宙を巡っているかのよう。

 

書斎から寝室、リビング、子供部屋にいたるまで、どれも見ていて飽きないのが良い。

 

大塚商店に置く、家具を見に来たのに自分の部屋をどうするかイメージしちゃいます。

 

大塚商店にぴったり!お目当ての棚とテーブルを発見!

 

今回の目的は、大塚商店に置く「ディスプレイ用のテーブル」と「商品を置く棚」です。
そしておしゃれで自然なものにするとなるとちょうどぴったりなのはこんな棚。

 

棚

 

大きさとしては、もうちょっと欲しいけれど、イメージ的にはぴったり。お店入って左手と出窓に棚を設置予定。写真の棚は、横にすると出窓にぴったり。

 

棚用のかご

 

棚の一番下は、きっと使いにくいから、スポッと入るかごを入れるとおしゃれ!

 

時間を忘れてずっと過ごせてしまうため、決めるものを決めちゃおう!
次は、お店中央に置く、ディスプレイ用の机。

 

イメージ通りのテーブルが中々見つからず、ようやく発見!
長方形のテーブルにくっつけることで、広がりをもたせることができるテーブルですが、これに決めた!

 

テーブル

 

IKEAは家庭用の家具が多いため、レジ台に使えるようなものは見つけることはできなかったけれど、楽しみながら買い物ができ、いい時間を過ごせました。

 

大塚商店のオープンまで、あともうちょっとですが、少しずつできあがってる実感があるのは嬉しいですね。
さて届いたら組み立てなどがあるから、スタッフ総出で頑張らなきゃ!

Leave a Reply

CAPTCHA