一日がかりの内装工事!大塚商店の床が大変身

posted in: Everyday | 0

本日は、大塚商店の内装工事でした。

 

工事前床

 

もともとの床はクッション性の高いもので、土足で上がり続けると汚れが目立ってしまいます。特に雨の日なんかは超大変!

先日紹介したフローリングカタログのものは、おしゃれなだけでなく、どれも掃除もしやすいと聞くのでスタッフとしては密かに嬉しい!

 

朝8時半から業者さんが入り、全面を貼り替えていく。作業時間の見積もりを聞いてみたところ、そんな大変じゃないから14時から15時ころには終わるとのこと。隣の店長部屋で仕事をしながら、定期的に途中経過を見ていきます。

 

これを書いているのは終わってから時系列を追っていくわけですが、写真も撮らせていただいたので、貴重なワンショットが見れるかと思います。

 

まずは、玄関土間の床工事から。

土間の床工事

 

ちょっとずつ、ペタペタ貼っていく感じなのです。

玄関部は、丁寧に作り込んでいく必要があるそうで、スペースの割には時間がかかるそう。

 

玄関土間途中

 

スタートして準備も含めて2時間経たないうちに完成。

 

おおむね完成

 

立ち上がりの部分も丁寧に仕上がりました。

 

次にフロアに入っていきます。半面ずつ行っていくのですが、床に樹脂の接着剤をきれいに塗り、どんどん板を貼っていく。接着剤はすぐに乾くわけではなく、多めに塗っておいたほうが効率良いらしい。ちなみに、床材を貼った後にドライヤーを使っていますが、熱を加えたほうが乾きやすくなるそうです。

 

ドライヤーで乾きやすく

 

業者さんは黙々と作業をし、ある程度、時間が経過してから見てみると、半面の三分の一くらいが終わっていました。

 

床貼り途中経過

 

様々な色の板を選びながら貼っているため、少々時間がかかるそう。一色だったらもっと早く進んでいるそうな。

 

半面貼りあがり

 

午後に入り、入口側をやるということで、立ち入れなくなります。そりゃ、接着剤が手前の半面に塗られるため、踏み入れたらべちゃといきます。何も知らずに入ったら、トラップを仕掛けられたって思っちゃいますね。

 

だいぶ終わってきた

 

当初予定していた14時には終わらず、まだまだかかりそう。立ちあっている私もまだまだ仕事が溜まっているため、集中でき、捗る。

 

店長部屋への際

 

店長部屋への際のところもきれいに完成し、あとはしばらく乾燥です。サーキュレーターと暖房をガンガン利かせ、早く乾くことを願う。

 

大塚商店床の乾燥

 

夕方頃まで時間がかかってしまいましたが、床の内装工事が完成しました。とっても綺麗に仕上がり、本当に感謝です。様々な色が入り混じっており、いい味を出しているように感じます。

 

大塚商店床工事完成!

 

大塚商店床工事完成!

 

あとは床にワックスを塗り、長くきれいに使える状態を作って完了です。

今のままでも土足で上がれるみたいですが、きれいにもなるし、汚れも楽に取れるようになるので、土足OKはもうちょっと後なのです。
岩田慎太郎オーナーのお店がどんどん強化されていく感じなのは、スタッフとしても嬉しいこと。

 

ワックスがけのレポートもお楽しみに!

Leave a Reply

CAPTCHA